2015年04月20日

なっちゃんの脱走を目撃した

【前回のあらすじ】
元地域猫のなっちゃんは、実は夜になるとワイルドになるねこだった。なっちゃんは、ケージの入り口の扉を開ける方法を覚えてしまい、夜のワイルド化が心配されるため、飼い主夫婦は夜の間、交代で見張りをすることにしたのだった。

見張りをつづけて、いく日かたった、ある晩のことです。
ぎっ! ぎっ! ぎしっ! と、夜のしじまにひびく低い音がありました。
音のするほうを見てみますと、そこには、ケージの扉に額をつけて、いっしょうけんめい押しているなっちゃんがおりました。
すると、なんと、ケージの扉がじわっ、じわっとゆがみはじめたのです。
そう、こんなふうに。

danger.jpg

そして、バーンと大きな音を立ててカギが外れ、なっちゃんは、ケージから自由になったのでした。


ケージのなかは つまらない
なんにも えらべやしないのさ

すきなところで くつろぎたい
すきなところで のびをしたい

大したのぞみじゃなけいれど
自由をまんきつしたいのさ♪

freedom.jpg
自由をまんきつするなっちゃん

なっちゃんがケージから脱走するところを目撃して、これは、いかん! ケージに閉じ込めておくほうが危険とわたしたちは思いました。
そこで、ケージの扉を開けた状態でなっちゃんの近くに寝るようにして、さらに、夜の様子をうかがうことにしたのです。


いろいろ条件を変えて観察した結果、

・ケージの扉は開けた状態にする
・となりの部屋との間の戸を開けた状態にする
・夜用のおやつのカリカリをおいた状態にする

という条件がそろったとき、なっちゃんがあばれないことが判明したのです。

こうして、わたしたちは、なっちゃんの夜のワイルド化を防ぐ方法を見つけたのでした。ケージの扉は、もう昼も開きっぱなしです。今は、なっちゃんは昼も夜もいい子にしてすごしています。

今日は、これでおしまい。



posted by ふう at 19:13 | Comment(2) | きょうのなっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。