2013年07月12日

葉書の届く音がするとき(後編)

前編を読まれていない方は、まずこちらへどうぞ ⇒ 葉書の届く音がするとき(前編)
中編を読まれていない方は、まずこちらへどうぞ ⇒ 葉書の届く音がするとき(中編)

==============
ゆるゆると、こんな日が、ずっと続くと思っていた。
でも、あるときから小泉くんからの葉書が、ぷっつりと来なくなった。

3カ月たったころは、今回はおそいなあと思うくらいだったが、4カ月を過ぎると、さすがに気にかかってきた。
家族に不幸があったとか、事故にあったとか、忙しいとか、理由はいろいろ考えられた。
迷ったすえ、ぼくは初めて自分から小泉くんに葉書を出すことにした。
-----------------
最近はどうですか。
体調が悪いのではないかと心配しています。
-----------------
と書こうかと思ったが、 ちょっと待てよと思った。
ぼくは別に彼の体調の心配はしていないのだった。小泉くんは体調をくずすような男じゃないと思った。
30歳を過ぎると、酒を呑んだりたばこをやったりするのが顔色に出るが、彼にはそれがなかった。彼の肌はいつも白くつるりとしていた 。さして運動をしているようにも見えないが、太ってもいなかった。

pen.jpg

足したり引いたりしない人だよなあと思った。だから、思うままを書いた。
-----------------
最近お茶会がありませんが、
忙しいですか。
-----------------
思うままというか、単なる質問になってしまった。でも、まあ、それがぼくの思うままだった。
それをひやっとしたポストの口に押し込んだ。ポストの投函口の金属の蓋(ふた)はぼくの指をはうように滑り、チンと音を立てて閉まった。

すると、葉書を出してから四日ののち。
-----------------
あなたから手紙をもらえるとは思っていませんでした。
今月の最後の週の土曜日に茶会をします。
ぜひ来てください。
-----------------
という、いつもの小泉くんとも思えない、はずんだ調子の葉書が届いたのだった。
「おお…」
と葉書を見て思わず驚きの声を上げたくらいである。

小泉くんが葉書を出さなくなった理由について、ぼくは身体の奥のほうで理解していたと思う。

駅までの道、電車に乗る車両、コンビニで目を留める棚、曜日で選ぶテレビのチャンネル…他のやり方もあるはずなのに、しっくりと日常に収まったそれらのものは、無意識にぼくの行動を支配している。

だけど、気づきはあるとき突然やってく る。
無意識に階段を昇るときにはなんともなく昇れるのに、「自分は階段を昇っているな」と思った瞬間、足がもつれることがあるように。
日常になじめばなじむほど、それをどうして選んだのかがわからなくなり、そして、じっと見つめたが最後、今までどうやってそれをやってきたのか、わからなくなってしまうんだ。

kirikabu.jpg

小泉くんが葉書を書こうとしてペンを置いたのは、そういうことに彼が気づいたからじゃないだろうか。
そして、浮かんだのは、無意識を共有するということへの、かすかな不安。

ぼくは、そのていねいだが勢いのある字の並ぶ葉書の返事に
-----------------
お茶会いきます。
よろしく。
-----------------
と書いて送った。
あの庭には、そろそろ梅が咲くに違いない。
あと四五日すると、きっとまたうちの郵便受けに小泉くんからの葉書が届く。




おしまい

今日は、これでおしまい。



posted by ふう at 08:00 | Comment(0) | お話を作ったよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。