2014年07月31日

デッサン

久しぶりに図書館に行きました。
てくてく図書館の中を歩いて、面白そうな本は迷わずぱぱっと借ります。
今回は、デッサンがうまくなる! という内容の本を借りましたよ。

わたしは絵をかくことはもともと好きでしたが、きちんと学んだことがあるわけではありません。なので、こういう基礎力をあげると、もっと絵がうまくなるかもしれないと思ったのです。
そして、珈琲ネコのデッサンをかこうと思ったのです。

架空のものだけど、うまくデッサンできるかな〜。
どれどれ、と読み進めていきますと…

●モチーフの置き方は、ものの特徴がよくわかるように置きます。
●構図は、画面の下が空いているほうが画面が安定します。
●光の方向は横上からの光だと、立体感が出しやすいです。
●そのものの基本的な構造や特徴をよくつかんで、そこが絵にあらわれるように描くことが大事です。
●正面を顔を描くのは、顔の奥行がつかみにくく、かたちをとるのがむずかしいものです。

と、書いてあります。なるほど! よし、さっそくかいてみるぞ!

coffeecat3.jpg
▲珈琲ネコ


caféaulaitcat.jpg
▲カフェオレ猫

絵をかくのは、無心になれるからすごく楽しいです。カフェオレ猫のこげこげした感じが少し出たのに手ごたえを感じました。

今日は、これでおしまい。



posted by ふう at 16:32 | Comment(2) | 絵をかいたよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本格的なトレーニング。
基本を学ぶことは何事にも大切です。
第一歩うまく行ったようで頼もしいです。
更に多くのイメージが絵として実現できると良いですね。
応援しています(*^_^*)。
Posted by ポルタ♪ at 2014年07月31日 18:37
ポルタさん、いらっしゃいませ!
そうですね、基礎は大事ですね。
デッサンは、物の特徴や質感をよーく観察するのが
大事なのかな、と思いました。

がんばりたいと思います♪
Posted by ふう at 2014年07月31日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。