2016年10月18日

カンガルーのひみつ

仕事の関係で、どうぶつについて調べものをしました。いろいろ知らないことが出てくるので、こういう作業は楽しいです。

どうぶつのひみつをいろいろ調べるうちに、ぎょうてんの事実を発見しました。
それは、カンガルーの生態です。
カンガルーは、オーストラリア大陸あたりに生息するどうぶつです。メスのおなかにふくろ状のものがあり、そのなかで子育てを行います。
まあ、このあたりは、よく知られていることですが、すごいのは、その子育てのあり方なのです。

kangaroo1.jpg
▲うさぎみたいなカンガルー

カンガルーは環境に敏感で、「今の環境は、子育てに向かないな〜」と感じると、オスは精子をつくらないそうです。
さらに、メスは、「今の環境は、子育てに向かないな〜」と感じると、受精卵の細胞分裂をいったん止めることができるそうです。
つまり、妊娠をいったんストップできるらしいんです。しかも、環境がよくなると、細胞分裂を止めていた受精卵の分裂を再開し、子宮に着床させ、出産するんだとか。
便利すぎます。
人類は、カンガルーについて、もっと研究したほうがいいと思います。受精卵の細胞分裂をいったん止めるメカニズムを解明したら、不老不死の薬ができるんじゃないでしょうか。

kangaroo2.jpg
▲ぱんちしたりきっくしたり

カンガルーの妊娠期間はとても短く、受精後約1か月で子どもが生まれます。子どもの体長は1〜2センチと小さく、後ろ足やしっぽはない状態です。
それでも、母乳だけで完全な姿に成長するそうです。カンガルーの母乳の力がはんぱでないと思います。

この夏のヒット映画「シン・ゴジラ」では、ゴジラは最も進化した生物ということになっていましたが、カンガルーもそうとう進化した生き物だと思いました。

今日は、これでおしまい。

posted by ふう at 07:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
読みながら驚きの連続です。
人間は何でも知っているって・・
人間は全てを支配してるって・・
勘違いしてる人の何と多い事かに気付きました(*^_^*)。
Posted by ポルタ♪ at 2016年10月19日 16:29
ポルタさん、いらっしゃいませ!
動物や植物の世界は、知れば知るほど
おどろくことばかりです。

人間がいちばんと勘違いしちゃだめですね。

地球上にいる生き物には、みんなそれぞれに
工夫や知恵があるようです♪
Posted by ふう at 2016年10月19日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: