2017年10月23日

ふしぎなはなし

先日、わが家の飼い猫なっちゃんがご飯を食べていたときのことです。
なっちゃんがお皿のところから離れようとしたとき、少しエサが残っていたのを見た夫が、
「なっちゃん、お腹いっぱい? もういいの?」
と話しかけたところ、
「もういい」
としゃべったのです。
夫もわたしもびっくりしました。

nyantalk.jpg

猫がしゃべるなんて信じられないという方も多いと思いますが、検索サイトで「猫がしゃべった」というキーワードで検索すると、出るわ出るわで、猫がしゃべるのはわりとふつうのことなのかと錯覚するほどです。

よくよく考えてみれば、最近、「にゃーにゃ、にゃにゃーにゃ」と長鳴きしたり、話しかけると「にゃあ」と返事をするように鳴いたりと、鳴き声が前に比べて変わってきたように感じます。もしかすると、毎日人間の言葉を聞いているうちに、影響を受けてきたのかもしれません。

かくいうわたしも、なっちゃんに話しかけるときに、
「なっちゃん、もうお腹すいたにゃ?」
「ご飯、いるにゃ?」
などと話しかけていますから、こちらも多大なる影響を受けているといえそうです。

nyahahaha.jpg

きっと、なっちゃんのほうも、
(この人、猫語、しゃべったにゃ!)
と思っていることでしょう。

今日は、これでおしまい。
posted by ふう at 07:00| Comment(2) | きょうのなっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼します。
この記事には直接関係のない事でコメントさせて頂きます。

私には3歳の息子がいるのですが、最近になって姓名判断がものすごく悪いことに気づき落ち込んでいました。

画数も調べてつけたのですが、私の計算方法がまちがっていたようでした。

親として申し訳無さや悔しさで、しばらく落ち込む日々が続いたのですが、こちらの2013年に書かれたゲッターズさんに関する記事を読んで、すごく救われた気持ちになりました。

名前は変えられませんが、私にはやっぱり大切な息子の名前です。
とても悩み、そして想いを込めてつけました。

息子にしたら迷惑な話かもしれませんが、いつか息子に姓名判断が悪いと言われても、こんな願いをこめてつけたということを話せたらと思います。

自分の人生をしっかりと、そして自由に歩める子になってほしいです。

ありがとうございました。
Posted by イマニ at 2017年10月30日 15:42
イマニさん、いらっしゃいませ!

イマニさんは、息子さんのことをとても大切に思って
いらっしゃるんですね。
コメントを読んで、胸が熱くなりました。

息子さんにも、きっとその気持ちは伝わると思います。

名前の画数が悪いわたしの人生ですが、振り返ってみると、
確かに大変なことや壁にぶつかることもありました。
でも、それは画数がよい人の人生にも起こることです。

それに、人生、悪いことばかりではありません。
年を重ねていろいろな人と出会ううちに、少しずつ運命も
変わっていくように思います。

たぶん、人生って自分だけのものではないんだと思います。

その人に悪いところがあっても、それを補ってくれる人や
「それでもいいよ」と言って一緒に歩んでくれる人と出会う
ことができます。

そういうまわりの人を大切にすれば、幸せに暮らすことが
できるんじゃないかと思います。

イマニさんの息子さんの人生に、よいことがたくさん
ありますように♪
Posted by ふう at 2017年10月31日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: