2013年07月02日

好きだったものがいつの間にかなくなっている


すごく好きだったものが
いつの間にか身の回りから消えている

捨てたことは思い出せない
でも、さがしても見つからない
たぶん、捨ててしまったんだろう

あんなに好きだったものを
なぜいらないと思ったのか
なぜ捨てようと思ったのか
その理由は思い出せない

ただ、ああ、あれは、すごく好きだったよと
その気持ちだけが心に残っていて
その気持ちだけいつも思い出せる

それは人生のなかの、
人間の記憶のあり方のなかで、
とくに優しさを感じさせる部分かもしれない

mono.jpg

今日は、これでおしまい。


posted by ふう at 08:00 | Comment(0) | 詩を作ったよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

どうしようもなく疲れたときは…


疲れたときには、たゆたうに限る

たゆたうのに適しているのは、人の声

ラジオをつけると、声のきれいな人が聞いている人のことを思いながら話している

その合い間にうつくしい音楽が流れる

だれも傷つかない

真剣に聞かないといけないというわけでもない

心地よい会話、心地よい音楽

その中にうずもれて、目を閉じてたゆたっていたい


たゆたうのに適しているのは、水の中

少しぬるめのお湯を張ったバスタブに、死んだふりしてつかっている

水は気づかないくらいの力で身体をつつみこむ

何も考えなくていい

あれこれ心配しなくていい

胎児の記憶、そして生きていていいという感覚

その中にうずもれて、目を閉じてたゆたっていたい


わたし、疲れているんだね

いくらでも眠れる

いくらも起きていられない

たゆたって、たゆたって、目が覚めるまで

やさしいものにすべてをゆだねる

------------------------
今日は、これでおしまい。
posted by ふう at 14:13 | Comment(0) | 詩を作ったよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

料理の味がいまいちなとき思い出してほしい詩

うーん、なんか料理の出来がいまひとつー。
そのときには、この詩を思い出してください。
何の役にも立ちませんけど。


おいしくなるひみつ♪

まぜまぜするのは大事だよ♪
調理法〜のひとつだよ♪

切れば切るほどおいしいよ♪
四つに切るより八つだよ♪
ミキサーかけたらそりゃもうあなた
とろける〜♪
とろける〜♪
とろける〜♪
とろける〜♪

本当に今日は、これでおしまい。
posted by ふう at 21:24 | Comment(0) | 詩を作ったよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。